1. ホーム
  2. Q&A

Q&A

Q&A

クリックすると答えが表示されます

小児歯科

小児歯科には何才になったら診せに行けばよいのでしょうか?
子どもの前歯が出揃う頃は、ちょうど1才を過ぎてからです。この頃から、是非虫歯予防に関心を持っていただきたいと思います。小児歯科を初めて受診する良い時期と思われます。歯磨きや食事、おやつ等について考えていきましょう。
虫歯や虫歯予防以外でも相談に乗ってくれますか?
歯科医師は虫歯予防以外の口の中の問題(咬み合わせや舌など)も指摘しますので、一度特に治療の必要がないと思っても見ていただくと良いと思います。また、ご家庭で虫歯を発見するのが難しい場合があります。定期検診もお気軽にお越し下さい。
4才まで指しゃぶりをしているのですが歯並びなどに問題があるのでしょうか?
指しゃぶりが続いていると歯並びや咬み合せに影響が出る可能性があります。年齢や状態を見ながら、お母さんと協力しつつやさしくやめるようにして行きましょう。また、指しゃぶりをやめるために指に薬を塗る方法もあります。ご相談下さい。
子供の前歯の裏側から永久歯がはえてきました。問題はありますか?
永久歯が生えるときは、乳歯は次第に歯根の吸収を起こしていきます。永久歯が内側から生えてしまっている場合には、乳歯の歯根吸収があまり進んでいない場合があります。そのまま放置していると隣の永久歯の歯の位置にも影響を与えるでしょうからできるだけ早いうちに歯医者で抜いてもらったほうがよいでしょう。
子供にむし歯ができてしまいました。とてもこわがりなのですが...
一番大切なのがお母さんのフォロー。上手にできたことをしっかりほめて、お子さんの力を伸ばすことが必要です。 そして、治療が出来るまではむし歯が大きくならないように管理して、当院スタッフと協力しリラックスして治療が受けられるようにいたしましょう。

歯周病治療

口臭が気になります。歯周病でしょうか?
口臭の原因には、虫歯、歯周病、舌苔、かぶせたものが原因で物が詰まりやすい等のお口のトラブルが原因のものの他に、糖尿病、胃潰瘍、慢性便秘、蓄膿症、喫煙やアルコール、などが考えられます。 一概に歯周病とは言い切れませんので、一度ご相談下さい。
歯磨きは欠かさず丁寧にやってるんですけど、歯周病になる可能性はありますか?どんな歯磨きがよいのでしょうか?
丁寧に磨いているおつもりでも磨き残しがでてきてしまいます、磨き残しがあればそれが歯垢や歯石に変化して、歯周病の原因になってしまいます。どの程度磨けているのか、歯石はついていないか検査することをおすすめします。 また、歯周病に対するブラッシングとしては、毛先を歯と歯茎の境目にあてる方法が良しとされていますが、なかなか難しいので初めは歯科医院で教えてもらうようにして下さい。
妊娠中で産婦人科に通っています、それでも歯周病治療はできますか?産婦人科に聞いた方がよいでしょうか?
妊娠中でも歯周治療は可能です。妊娠中はホルモンのバランスがくずれたりして歯周炎を起こしやすいのでお口の中のメンテナンスをされたほうがいいと思います。できることならば、妊娠する前からメンテナンスしておくことをおすすめします。

インプラント治療

インプラント歯科治療は痛いですか?
外科処置を行う間は局所麻酔により痛みを防いでいます。通常、その後は普通の鎮痛剤で十分です。
インプラント歯科治療は費用はいくらでしょうか?
治療の範囲によって費用は違いますが、おそらく、将来不測の支出をセーブできるでしょう。担当医にお尋ね下さい!
新しい歯は自分の歯のような感じでしょうか?
はい。あなたの普通の歯と同じように咀嚼し、話し、笑う事ができます。ほとんどの人はどんな違いも感じません。
他の歯は温存できますか?
インプラントを使えば、失った歯を修復する為に健康な歯を犠牲にする必要はありません。
年齢は問題でしょうか?
いいえ、健康状態の方がもっと重要です。もし18歳未満であれば、体が確かに成長し終えている事を調べなければなりません。
なぜチタンで作られているのですか?
金属アレルギーでも大丈夫でしょうか?それは体にうまく受け入れられる金属だからです。そして、チタンの近くでも骨が成長することができます。
インプラント歯科治療には何回通院しなければなりませんか?
状態にもよりますが6~8回の通院がかなり一般的です。
インプラント歯科治療の間、歯なしでいなければなりませんか?
いいえ、新たに骨移植を行った場合を除いて、一時的な歯を使用することができます。

ホワイトニング・アンチエイジング

ホワイトニングってなんですか?なぜ白くなるの?
歯のクリーニングをしてもきれいにならない歯の中の着色している部分をけずることなく歯の表面にホワイトニング剤をおくことで歯の色を白くしていく歯の漂白方法です。 歯の中の着色している汚れを分解することによって歯の色をそのものを白くしていきます。
1回のホワイトニングで歯が白くなりますか?
1回の施術である程度歯は白くなりますが、希望の白さになるまで3回以上みていただいたほうがいいでしょう。内因性の変色の場合は、もとの歯より白くはなりますが、あまり大きな効果は期待できないケースもあります。そのような場合には歯科医にご相談ください。最適な治療法をご提案します。
妊娠中でもホワイトニングはできるのですか?
妊娠している可能性がある方や、妊娠中、授乳中の方はホワイトニングは避けられたほうがよろしいかと思います。また、知覚過敏のひどい方や歯が発達していない子供も避けられたほうがよいでしょう。
ホワイトニングしたあと、どれぐらい保てますか?
個人差はありますが、きちんとメンテナンスをしていれば1~3年は白さを保てます。 定期的にホワイトニングを行えば、それだけ白さが長持ちします。
ホワイトニングした後の食事には制限がありますか?
ホワイトニング直後、最低24時間は着色の強い飲み物や食べ物、タバコなどは控えるようにしてください。

インビザライン

どのくらいの頻度で通院すればいいですか?
通院頻度は治療の段階によって変わりますが、おおむね1~2ヶ月に1度のペースで通っていただきます。
マウスピースは1日何時間くらい装着すればいいですか?
1日20時間以上は装着してください。食事や歯磨き時以外は「常に」と考えてください。
治療期間中、食べ物や飲み物の制限はありますか?
担当のドクターから特別な指示が無い限り飲食物の制限はありませんが、口腔内の清潔とマウスピースの破損防止のため、飲食時にはマウスピースを外すようにしましょう。
マウスピース装着には痛みが伴いますか?
マウスピースを付け替えた後、数日間は多少痛みが伴うことがあります。これは歯が目的位置まで動くときの痛みです。徐々になくなりますのでご安心下さい。

一般矯正

大人でも矯正できますか?また矯正治療に年齢制限はありますか?
年齢制限はありません、ただ年齢とともに歯の移動に時間がかかることがあります。
目立たずに矯正はできませんか?
セラミックの白い装置を使ったり、歯の裏側で矯正する方法などがあります。
矯正治療の期間はどのくらいかかりますか?
成人の方で2~3年ぐらいが一般的です。
矯正治療はどれくらいの間隔で通院することになりますか?
矯正装置の装着が済めば1ヶ月に1回の通院が一般的です。
矯正途中で妊娠したら?
妊娠中に矯正を行うと、ホルモンのバランスの不均衡から顎間接の吸収をおこすおそれがありますので、矯正治療を一時中断することがあります。

歯の定期検診を行いましょう

TOPへ戻る

インターネット予約受付中 パソコンからのご予約はこちら

歯石除去についてお困りの方はお気軽にご相談ください 0776-29-2500

携帯からのご予約はこちら

設備紹介