1. ホーム
  2. セレック治療

セレック治療

CEREC

セレック治療とは

従来の虫歯治療では歯の治療をした後、粘土状のもので歯型を取り、その歯型を使用して模型を作り、歯科技工所の歯科技工士が詰め物や被せ物をつくるといった手法が一般的でした。


しかし、セレック(CEREC)医療システムによる治療は、これまでのような粘土状のものでの型取りではなく「3D光学カメラ」を使用した歯の撮影(デジタルスキャン)から行います。

このスキャン情報をコンピュータで処理し、それをもとに、詰め物や被せ物を設計し、すぐに加工する事によりセラミックの歯を作り出す事が出来ます。※1本の歯から複数の歯が連なったブリッジまで多くの症例に対応する事が出来ます。

最短1日 スピード治療

セレックシステムにより、歯を3Dカメラでスキャンし、クリニック内で設計・加工を行いセラミック製の修復物の作製を致します。その為従来のような粘土状のもので歯の型取りをする際の不快感を味わう事もありません。

通院は1日、最短での治療時間はおよそ1時間と従来より大幅に時間短縮が可能です。

セレック治療とは

セレックにより作製される「詰め物」や「被せ物」はセラミックの為、金属アレルギーの心配がございません。また、生体親和性の高いセラミックは高い耐久性もあり、変色の心配もなく見た目も自然な色合いのまま、キレイで長持ちするのが特徴です。

実は経済的なセラミック

セラミックで作製する修復物は保険治療で行われる詰め物と比較すると非常に長持ち致します。また、歯と歯のごくわずかな隙間から虫歯の菌が発生しやすい保険治療の銀歯とは違い、セラミックはより歯になじみやすい為、銀歯より歯の隙間からの菌も入りにくく虫歯の再発リスクを軽減する事が出来ます。


セレック治療の流れ

①お口の中を専用のスキャナーを使用して、光でスキャンします。

②スキャンデータは、即時、リアルタイムに、セレック本体のモニターに映し出されます。

③光が当たった部分がスピーディーに形となってモニターに現れてきます。

④タッチパネルなので、歯科医師はモニターに触れて、様々な角度に動かしお見せ出来ます。

⑤ミリングマシンにセラミックブロックをセット。

⑥ミリングマシンがセラミックの歯を精密に削り出します。

この一連の工程は当院で完結するため、歯科技工所に依頼したりすることがありません。つまりセラミックの歯を作る中間費用が発生しないため、通常高額になるセラミックの歯をこれまでと比べて安価に提供することができます。



価格表 セレック治療の費用

セレックインレー
¥33,000(税込)
セレッククラウン
¥49,500(税込)

歯の定期検診を行いましょう

TOPへ戻る

インターネット予約受付中 パソコンからのご予約はこちら

歯石除去についてお困りの方はお気軽にご相談ください 0776-29-2500

携帯からのご予約はこちら

設備紹介